小児歯科|フッ素・シーラント|片平歯科医院|虎ノ門・神谷町の歯医者

駐車場

03-3431-6090

診療時間
9:00~18:00
休診日
水・日・祝
キービジュアル

ご存知でしたか?
虫歯にさせずに、お子さんを健やかに
成長させることができることを。

虫歯にさせないための方法は
すでに存在しています。
しかし、それは歯科医院側だけで
達成させることはできません。

どうしても、親御さんの協力、そして
お子さんの努力が必要となります。

本気でお子さんの健やかな成長をサポートしたいと願われている方、
一度、お話だけでもいいので当院にお越しください。

当院のスタイルをお伝えさせて頂きます。

初めて来院される方 必ずお読みください

医院側の 「責任」と 患者さんの 「責任」

医院側の責任とは、応急処置以外は、
検査・診断・治療計画を立てた上で
歯周基本治療に入っていくこと。

患者さんの責任は、
ご自宅でしっかりと
歯のメンテナンスをして頂くこと。

この「責任の両輪」がなければ、
問題が再発し、最終的には抜歯の運命を
たどることになります。

子供の健やかな成長をサポートするために

虫歯にならないための口腔環境作りは、3歳までが勝負なのはご存知でしたか?虫歯は感染症の一種です。つまり、3歳までに感染する機会をお子さんに与えなければ、その後、虫歯菌が入ってきたとしても簡単には感染しなくなるのです。これは世界的な統計でも証明されています。

当院では、虫歯にならないためのお口の環境作りをご提案させて頂くことが出来ますので、まずはお子さんと共にご来院ください。お子さんを虫歯ゼロで育てることはお子さんへの最高のプレゼントだと当院では考えています。

また、虫歯ゼロを達成させるためには、親御さん自身が歯に対する正しい知識をつけて頂く必要があります。なぜならば、その知識がなければ「子供の歯を大切にしよう」と心から思うことができないためです。

院長

よくこのような質問を親御さんから受けることがあります。

「大人の歯が生えてくるから、子供の歯は虫歯になっても大丈夫ですよね?」

これは大きな間違いです。
乳歯には非常に大きな2つの役割が与えられています。

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。生え替わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。
虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。

これ以外にもまだまだお子さんの歯に対する間違った認識が存在しますし、お子さんの歯を守るための最適な手段をご存知ない方が多くいらっしゃいます。

お子さんが成長するまで、歯を守ることができるのは親御さんしかいません。
当院で一緒に楽しく学んでいきましょう!!

片平歯科医院の、子供の治療に対する考え方

小さい頃の怖い経験は、大人になってからもトラウマとして残ってしまいます。

歯医者での経験が、トラウマの1つになっている方も多いのではないでしょうか。

当院のお子さんに対する治療コンセプトは、
無理をせず、徐々に慣れてもらう。そして最後には『楽しい場所』と思ってもらうこと
です。これを達成させるため、当院が取り組んでいることをご紹介いたします。

取り組み1 まずは、歯医者の雰囲気に慣れてもらってから

お子さんが初めて来院される時は、緊急時以外はすぐに治療をしません。
じっくりお子さんとお話しし、「診療台に座る」「器具を触ってもらう」練習から始めます。
とにかく歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう、そして私たちと仲良くなることから始めます。

幼い頃を思い出して欲しいのですが、歯医者さんに楽しみながら通った方はほとんどいないのではないでしょうか?

歯医者イメージ

会話もほとんどせず、マスクで顔を隠した大人にいきなり痛いことをされたら、どんな人でも「歯医者さん=恐いところ」というイメージが植え付けられてしまいます。ましてやお子さんは想像力が豊かなのでなおさらです。

幼い頃はご両親がいるので、しぶしぶお子さんも来院してくれますが、親御さんの手を離れてしまったら、歯科医院に行くかどうかは本人次第です。歯医者にマイナスのイメージをもったままでは、耐えられない程の痛みを伴って初めて足を運ぶようになってしまいます。
詳しくは予防歯科でご説明しますが、悪くなってから行くのではなく、悪くなる前に定期的に来院して虫歯を予防することで、一生自分の歯で会話や食事を楽しむこともできるようになるのです。

お子さんが歯医者嫌いになる、ならないは、ある意味歯科医院の腕の見せ所とも言えます。
可能な限り痛くない治療を行い、「歯医者=怖い」にならないように頑張っています。
ぜひ大切なお子さんを私達にお任せください!

スタッフ集合

また、当院では複数の女性ドクターも在籍しておりますので、ご希望がありましたら受付にてご相談ください。ご希望に必ずしも沿う事が出来ないこともありますが、可能な限り配慮させて頂きます。

取り組み2 可能な限りの「無痛治療」。「痛み」バイバイ!

お子さんが歯医者嫌いになる主な原因は治療中の「痛み」によるものです。

この「痛み」を可能な限りなくすことでお子さんの歯医者に対するイメージを変えることができると考えています。当院では、次のステップを踏んで、可能な限りの痛みを抑えた治療を実施しています。

Step1 表面麻酔

表面麻酔

多くのお子さんが嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。事前に注射する箇所に麻酔液を塗ることにより注射時の痛みを無くします。この表面麻酔をするとしないとでは痛みに大きな違いがあります。

Step2 「極細の針」を使用

針

針は細ければ細いほど痛みは小さくなります。
当院では極細の針を使用しているのでほとんど痛みを感じることはありません。

Step3 麻酔液を人肌まで温めます

カートリッジ

麻酔薬が冷たかったり、熱すぎたりすると、注入した時に痛みや不快感がでます。そのため最も痛みが少ないといわれる人肌と同等の37度まで麻酔液を温め、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

Step4 「電動麻酔注射」の使用

電動麻酔

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。 そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを最小限に抑える工夫をしております。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

Step5 経験とテクニック

診療1

お口の中には痛みを強く感じる部分と、そうでない部分がありますので、痛みを感じにくい部位を狙って麻酔を打っていきます。その他、解剖学的なテクニックを多用し、お子さんに負担の少ない麻酔を打っていきます。

コントラ

また、お子さんが虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の」があります。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音が格段に小さくなります。
その他、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が少なくなるため、歯を削る量も最小限に抑えられます。そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、親御さんにも好評です。

取り組み3 「咬合誘導」「歯並び」のご提案

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることが可能となります。

これを「咬合誘導」と言います。

咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。顎の成長に合わせて少しずつ治療を進めることで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、永久歯になってからの矯正治療が不要になることもあります。

咬合誘導ですが、具体的には「筋機能訓練(MFT)」と「床矯正」を使った取り組みを行っています。

筋機能訓練(MFT)

MFTツール

筋機能訓練は今までの金具を固定した矯正治療とは全く異なり、お口の本来の機能を改善させることにより、ご自身のお口の周りの筋肉の力で歯並びの健全な発育を促していく手法です。
そのため、痛みなどは伴いません。この訓練を行うために様々な道具があるのですが、お子さんのお口の状態や生活リズムに合わせて適切な道具をご提案させて頂くこともあります。

可能な限り「非抜歯」を実現する「床矯正」

歯並びが悪くなる原因のほとんどは顎が小さいことです。顎が小さいと全ての歯がきちんと生えるスペースがないため、歯並びが悪くなったり、八重歯になったりします。普通の矯正治療ではこの原因に対するアプローチがなされず、抜歯などの処理で対応してきました。つまり対処療法が行われてきたわけです。

それに対して、床矯正とは従来の矯正治療では対応することができなかった「顎の拡大」をすることにより、可能な限り非抜歯で根本的な原因を治す原因療法になります。

床矯正
床矯正のメリット
  • 歯を抜かずに矯正できることもある。
  • 必要なときに矯正装置を取り外すことができる。
  • 歯並びだけでなく、本来の「可愛らしい顔」に成長できる。
床矯正のデメリット
  • 治療対象が原則、小学生に限られること。
  • 一方向の動きしか出来ないため、微妙な歯の移動には不向き。
  • 毎日12時間前後、矯正装置を装着する必要があるのでお子さんの協力が必要。

均整のとれた歯並びは「見た目」だけでなく、「集中力や持続力」などお子さんの生活全般のレベルアップも期待できるという研究報告が出ていますので、歯並びがおかしいなと思いましたら、治療するしないにかかわらず、まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療に関してもっと詳しくお知りになりたい方は矯正歯科をご参照ください。

取り組み4 虫歯予防のために行っている当院の取り組み

大人の場合、歯質が成長とともに丈夫になっているためすぐに虫歯が進行することはありません。しかし、子供は免疫力が低く、かつ、歯質もまだまだ弱いため、虫歯が一気に進行し、いわゆる「みそっ歯」と呼ばれる、黒くボロボロの歯になってしまうのです。

このようなことを防ぐため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

  • 虫歯リスクを測定する唾液検査
  • TBIとよばれる歯磨き指導
  • 虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント填塞(てんそく)
  • 虫歯予防効果のあるフッ素塗布

上記についてそれぞれご説明いたします。

唾液検査
デントカルト 唾液の検査を行うことで、口腔内細菌の検出だけでなく、患者さん固有の情報が得られることにより、虫歯リスクの程度を知ることができます。その結果から患者さんのオリジナルの予防プログラムの作成、予防処置効果の検証など、あなたの歯を守るための一歩進んだ歯科治療が可能となります。当医院では「デントカルト」と呼ばれるWHO(世界保健機構)の疫学検査にも使われている信頼度の高い唾液検査を利用しています。
TBI(歯磨き指導)
歯ブラシ

子供が歯磨き好きになるように指導します。

虫歯が多発する部位は、下記の3ヶ所です。

  • (Ⅰ)歯と歯の間
  • (Ⅱ)歯と歯茎の境目
  • (Ⅲ)歯の溝
TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐための効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。
シーラント填塞(てんそく)
シーラント 上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは汚れを完全に取り除くことは出来ませんので、虫歯になってしまう事が多い部位です。
6歳くらいに生えてくる奥歯は、溝が深く汚れが溜まりやすくなっています。この溝に樹脂を詰めて汚れが溜まらないようにする虫歯予防法がシーラント填塞です。なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なのでご安心ください。

フッ素塗布

フッ素

「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯に近い強度にすることができます。定期的にフッ素塗布を行い、お子さんの歯を強くしましょう。

お問い合わせ

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る